■目次
1)『 日本バングラデシュ協会メルマガ43号会長メッセージ
―「東京国際ギフト・ショー」へのバングラデシュ企業の初参加― 』 会長: 堀口松城
2)『訃報 野嶋行二日本バングラデシュ協会顧問のご逝去』

3)『「チッタゴン」で想うこと、港~戦争墓地~加藤隼戦闘隊』 監事: 神山秀夫
4)『鳴門・徳島バングラデシュ・ミッションに同行して』 丸久株式会社 森川ゆみ
5)『歯ブラシが我らの剣』         NPOジョロナ 代表 滝波修一
6)第23回行事のお知らせ 2018年3月1日(木)講演会:「ロヒンギャ難民支援とGENKIプログラム-現地を訪れて」
7)『事務連絡』

■1)『 日本バングラデシュ協会メルマガ43号会長メッセージ
―「東京国際ギフト・ショー」へのバングラデシュ企業の初参加― 』会長: 堀口松城

2月7日から9日まで東京ビッグサイトで開催された「東京国際ギフト・ショー」に、
バングラデシュから4社が初参加したとのニュースを聞いて行ってきました。
この国際見本市は、クリスマスや結婚記念日のギフト、ベビー・キッズ用品、ヤン
グファッション、文房具・ペーパー・グッズ、アニメ・コミック、キャラクター・ラ
イセンス品目など、生活者のライフ・スタイルに対応する新製品を主体に展示するも
ので、昨年夏のギフト・ショーでは出展社数約5,000社、来場者約40万人の由でした。
今回は85回目で、出展社数は1,940数社、うち東アジアからは215社が参加している由
です。来場者はもとより未だ発表されていませんが、広い会場全体が来場者でごった
返していました。
これだけの数の出展者を収容する会場自体実に広大で、バングラデシュの出展者が
出店しているMIPRO(Manufactured Imports and Investment Promotion  「対日
貿易投資交流促進協会」)のブースを探す迄、何回か行き方を尋ねたくらいです。
この巨大見本市にバングラデシュから出展した4社は、いずれも「バングラデシュ・
ハンディクラフト製造・輸出協会」のメンバーで、4年前からMIPROによる「日本・バ
ングラデシュ・デザイン・プロモーション事業」のもとで、バングラデシュ商務省輸
出振興局にMIPROから派遣された日本人デザイン専門家のアドバイスを受けながら、
製品の日本市場向けのカスタマイズため、真剣に取り組んできた企業です。今回の出
展は、その努力の成果について、日本人バイヤーの評価を受けようとする大きな意義
を持つものの由でした。

このコンテンツは、会員向けです。入会後閲覧が可能です。

既存ユーザのログイン