■目次
1)『 日本バングラデシュ協会メルマガ43号会長メッセージ
―「東京国際ギフト・ショー」へのバングラデシュ企業の初参加― 』 会長: 堀口松城
2)『訃報 野嶋行二日本バングラデシュ協会顧問のご逝去』

3)『「チッタゴン」で想うこと、港~戦争墓地~加藤隼戦闘隊』 監事: 神山秀夫
4)『鳴門・徳島バングラデシュ・ミッションに同行して』 丸久株式会社 森川ゆみ
5)『歯ブラシが我らの剣』         NPOジョロナ 代表 滝波修一
6)第23回行事のお知らせ 2018年3月1日(木)講演会:「ロヒンギャ難民支援とGENKIプログラム-現地を訪れて」
7)『事務連絡』

■1)『 日本バングラデシュ協会メルマガ43号会長メッセージ
―「東京国際ギフト・ショー」へのバングラデシュ企業の初参加― 』会長: 堀口松城

2月7日から9日まで東京ビッグサイトで開催された「東京国際ギフト・ショー」に、
バングラデシュから4社が初参加したとのニュースを聞いて行ってきました。
この国際見本市は、クリスマスや結婚記念日のギフト、ベビー・キッズ用品、ヤン
グファッション、文房具・ペーパー・グッズ、アニメ・コミック、キャラクター・ラ
イセンス品目など、生活者のライフ・スタイルに対応する新製品を主体に展示するも
ので、昨年夏のギフト・ショーでは出展社数約5,000社、来場者約40万人の由でした。
今回は85回目で、出展社数は1,940数社、うち東アジアからは215社が参加している由
です。来場者はもとより未だ発表されていませんが、広い会場全体が来場者でごった
返していました。
これだけの数の出展者を収容する会場自体実に広大で、バングラデシュの出展者が
出店しているMIPRO(Manufactured Imports and Investment Promotion  「対日
貿易投資交流促進協会」)のブースを探す迄、何回か行き方を尋ねたくらいです。
この巨大見本市にバングラデシュから出展した4社は、いずれも「バングラデシュ・
ハンディクラフト製造・輸出協会」のメンバーで、4年前からMIPROによる「日本・バ
ングラデシュ・デザイン・プロモーション事業」のもとで、バングラデシュ商務省輸
出振興局にMIPROから派遣された日本人デザイン専門家のアドバイスを受けながら、
製品の日本市場向けのカスタマイズため、真剣に取り組んできた企業です。今回の出
展は、その努力の成果について、日本人バイヤーの評価を受けようとする大きな意義
を持つものの由でした。

この4社の出展品は、スカーフ、ジュート製品、バッグ、ソファー・クッション・
カバー、絹製品などでしたが、同ブースにいらした、実際にバングラデシュでこれら
の会社関係者の指導に当たった女性のデザイン専門家の説明によれば、例えば、バン
グラデシュ製品に描かれる模様は概して大きいので、日本人の趣向に併せ模様を小さ
くすることなどを指導してきた由です。
この4社のうち3社が、自費で説明員をこの見本市にそれぞれ送り込み、ブースを訪
れるバイヤーらしき日本人に、通訳を通じて熱心に説明していました。同じブースに
暫くいると連帯感が生まれるらしく、この商談が是非まとまって欲しいと願っている
自分に気付きました。
バングラデシュに赴き、関係企業の関係者に、日本向け製品のデザインの指導に当
たった前述の専門家は、バングラデシュ人がみな良い人達であったので直ぐ好きにな
り、是非またバングラデシュに行きたいと述べていました。おそらくそのような女性
専門家の指導を受けたバングラデシュの人達もまた、彼女に好意を抱いたのではない
かと容易に想像されます。このような所で、このような形で、日本とバングラデシュ
の人達の間で、相互理解と友好が広がっていくのを知ることは嬉しいことです。
MIPROの皆さん、有難うございます。
また、このMIPROのブースは4区画のスペースから成り、このうち3区画はドイツ
(新デザインの時計)、イタリア(ファッション)、ポルトガル(コルク製品)のメ
ーカーが占め、この3社が4区画分の借料を出し、残り1区画がMIPROの選択により、
開発途上国に無料で貸し出される由です。
この特別区画を何故、バングラデシュ政府が借りられることになったのか、同ブー
スにいたMIPROの担当者に伺いましたら、在京バングラデシュ大使館のアリフ商務官
が、MIPRO関係者に、熱心に、長期間にわたり働き掛け続けた結果であった由です。
アリフ商務官、努力が実ってよかったですね。
次回以降も、バングラデシュ企業が、もっと多くの日本市場にカスタマイズされた
商品を作成し、また、このギフト・ショーに展示できるよう願っています。

このコンテンツは、会員向けです。入会後閲覧が可能です。

既存ユーザのログイン