日本バングラデシュ協会の皆様へ

■目次
1)『 日本バングラデシュ協会メルマガ45号会長メッセージ
―国連によるバングラデシュの「最貧国」卒業の認定と今後の方策― 』
会長:堀口松城
2)『バングラデシュの国境を尋ねて』                    理事:村山真弓
3)現地だより『バングラデシュB2C』
ロート製薬 ロートバングラデシュ社 取締役社長 新井謙
4)『ジナイダ県:地下水灌漑に過度に依存しない持続可能な
農業実践現場レポート』        (特活)アジア砒素ネットワーク 石山民子
5)『平成30年社員総会の開催について』
6)『事務連絡』

■1)『 日本バングラデシュ協会メルマガ45号会長メッセージ
―国連によるバングラデシュの「最貧国」卒業の認定と今後の方策― 』
会長: 堀口松城

1. この3月、国連は、バングラデシュが最貧国を卒業したことを正式に認定とのニ
ュースを受けて、3月30日、バングラデシュ大使館で「バングラデシュの経済発展:
可能性、挑戦、前進に向けて」と題するセミナーが開催され、ファティマ大使他3名
が講演されました。
本セミナーについての報告の前に、国連による最貧国卒業認定の3つの基準がいか
なる指標からなっているかご説明します。第1の基準は、一人当たり国民所得です。
第2の基準は、5才以下の児童死亡率、栄養不良人口比率、中等学校入学率、成人識字
率から成る人的資源(asset)指標です。そして第3の基準は、人口、(社会サービス
等からの)遠隔度、商品輸出集中度、農業、林業、漁業の対GDP比率、低沿岸地帯居
住人口比率、財・サービス輸出不安定度、自然災害被災者、農業生産不安定度から成
る経済的脆弱性指標です。

このコンテンツは、会員向けです。入会後閲覧が可能です。

既存ユーザのログイン