日本バングラデシュ協会の皆様へ

■目次
1)『 日本バングラデシュ協会メルマガ46号会長メッセージ
―第5回社員総会、懇親会へのお誘い― 』         会長:堀口松城
2)『堀口松城会長が瑞宝中綬章を受章』               事務局
3)「バングラデシュ:最貧国から途上国へ」     :デイリー・スター紙報道
4)『ジュマネットを通じて考えるロヒンギャ難民問題』   会員: 日下部尚徳
5)『現地だより「生命を守る人の環境を創る」』
シップヘルスケアホールディングス株式会社 専務取締役 小林 宏行
6)『平成30年社員総会の開催について』
7)『事務連絡』

■1)『 日本バングラデシュ協会メルマガ45号会長メッセージ
―第5回社員総会、懇親会へのお誘い― 』         会長:堀口松城

1.4年前に発足した日本バングラデシュ協会は、来る5月26日(土)第5回目の社員
総会を開催する運びとなりました。本総会では、下記の課題を含む諸問題が取り上げ
られますので、是非多くの会員にご出席いただき、5年目を迎える本協会の今後の方
向、方針について積極的なご意見を頂ければ幸いです。また、社員総会後の懇談会は、
普段講演会等の行事にご出席いただけない会員の方々に久しぶりにお会いし、お話を
交わす貴重な機会ですので、奮ってご出席下さいますようお誘い申し上げます。

2.この4年間を振り返りますと、両国関係は近年にない発展と、かつてない試練と
を受けることになりました。すなわち、2014年、ハシナ首相、安倍総理の東京、ダッ
カの相互訪問を通して、両国関係を包括的パートナー関係に高める旨の合意がなされ、
バングラデシュの2021年までに中進国入りを目指すとの目標を支援すべく、日本政府
による、「ベンガル湾産業成長ベルト構想」による道路、鉄道、橋梁、発電所、深海
港の建設を含むインフラ整備のために6,000億円の新規円借款が合意され、早速、順
調なスタートが切られたかに見えました。ところがご承知の通り、翌2015年7月1日、
ダッカで7名のJICA専門家を含む17名の外国人を含む23名が過激派のテロにより殺害
され、日バ両国関係者に大きな衝撃を与えました。同事件を受けて、バングラデシュ
への日本人の渡航は制限され、両国関係は大きな中断を余儀なくされましたが、その
後のバングラデシュ政府による治安対策の徹底、日本側関係者による自衛措置、安全
対策の実施などによる事態の改善により、日本人渡航者数は顕著な改善を示し、既に
事件以前のレベルを超え、さらなる増加が見込まれています。
3.この間、日本バングラデシュ協会は、企業会員からなる年4回の企業情報交換会
において、毎回、外務省のテロ対策専門官の治安状況の報告を受けるなど、会員企業
の情勢判断に有益な諸情報を提供するとともに、JETROとの共催により、バングラデ
シュの投資環境に関するセミナーを過去3回開催し、会員企業のみならず一般企業に
対しても通常では入手し難い最新情報を提供し、バングラデシュへの復帰をお手伝い
し、日バ両国のさらなる発展に微力ながら尽力しております。
4.今次総会においては、昨年の総会においてご報告し、以来諸準備を進めてまいり
ました賛助会員制度について具体的規則案を作成いたしましたので、皆様のご意見を
伺いたいと思っております。
5.また、平成30年度における具体的事業計画といたしまして、以下を考えており、
会員の皆様のご意見を承ることができれば幸いです。
(1)まず、協会と会員間、会員同士の関係の強化、会員の協会参加の満足度を高め
る施策の実施として、年次総会後の懇親会に加え、地方会員を含む会員間および会員
と新たに導入される賛助会員間の交流を図るための懇親会の開催、講演会後の懇親会
の定例化などを検討しています。とくに講演会後の懇親会につきましては、先月、泉
バングラデシュ大使一時帰国の際の講演会と懇親会を、外務省精励会の施設である
「大手町倶楽部」で開催しましたところ、椅子席50数名分という点でやや難はあるも
のの、大きな成功を収めましたので、今後、基本的に同クラブを利用して開催したい
と考えています。
(2)講演会のテーマ、講師についてこれ迄は事務局にて選定してきましたが、今後、
会員の皆様の中で、これはと思われる講師、テーマにつきご希望がありましたら、事
務局にお申し出ください。
(3)最後に、メルマガは、地方にお住いの会員の皆様はもとより、東京地区にお住
いの会員であっても種々のご都合で講演会に出席が難しい会員の皆様と本協会を結ぶ
殆ど唯一の手段であることから、その改善が喫緊の課題であり、本年2月号より「会
員便り」というコラムを設け、好評を博しております。会員の皆様におかれて、これ
はと思われるお話しがございましたら、是非ふるって寄稿頂ければと存じます。採用
分につきましては薄謝を差し上げます(但し役員は除く)。

■2)『堀口松城会長が瑞宝中綬章を受章』               事務局

今年の春の叙勲で、堀口松城会長が、外交功労で瑞宝中綬章を受章されました。
日本バングラデシュ協会としても、誇らしい限りであり、ここにお慶び申し上げます。
堀口松城会長は、1943年千葉県生まれ、東京大学教養学部卒業後、外務省に
入省、駐レバノン特命全権大使、駐バングラデシュ特命全権大使(2003~2006)
を務められました。

退官後は、早稲田大学大学院、日本大学、東京学芸大学で教鞭を執られております。
著書は、「レバノンの歴史」、「バングラデシュの歴史」等が特筆されます
2014年の日本バングラデシュ協会設立を指導され、会長を務められています。
なお日本バングラデシュ協会として、有志によるお祝いの会の開催を検討しており、
詳細につきましては、追って皆様に、ご案内致します。

このコンテンツは、会員向けです。入会後閲覧が可能です。

既存ユーザのログイン