日本バングラデシュ協会の皆様へ

■目次
1)『 日本バングラデシュ協会メルマガ48 号会長メッセージ
―バングラデシュ マクロ経済の展望とJICAの取り組み:
成長の発火点(Ignition Point)を迎えた新興国―』    会長:堀口松城
2)『バングラデシュと私』          大阪外国語大学名誉教授 溝上富夫
3)『現地便り:道~出会いこそ人生』       鈴木織機専務取締役 間瀬隆行
4)『古参、青年海外協力隊バングラデシュOBの独り言』     理事:佐藤利哉
5)『日本とバングラデシュの『絆』
― Jalal:二つの国民の心を結んだ人 ―』         理事:太田清和
6)『イベント・講演会のご案内』
□【ドキュメンタリー&トーク】「ロヒンギャの証言 -無国籍であるということ」
(主催:世界の医療団(認定NPO法人) 2018年7月26日)
7)『事務連絡』

■1)『 日本バングラデシュ協会メルマガ48 号会長メッセージ
―バングラデシュ マクロ経済の展望とJICAの取り組み:
成長の発火点(Ignition Point)を迎えた新興国―』    会長:堀口松城

さる6月13日開催された「日本バングラデシュ協会 企業情報交換会」において、
JICAの南アジア第四課(バングラデシュ担当)の高橋暁人課長より、近年目覚ましい
経済発展を続けるバングラデシュのマクロ経済の展望を踏まえ、バングラデシュのさ
らなる発展のため、JICAがいかに取り組もうとしているかにつき興味深い講演があり
ました。その内容は企業会員のみならず、バングラデシュの発展を願う一般会員の皆
様にとりましても関心の高い問題と思われますので、以下要旨をご紹介します。
なお、本講演は、「企業情報交換会」の会員へのアンケートで、
バングラデシュのマクロ経済に関する講演希望があったことを踏まえ、高橋課長にお
願いして行われたものです。

このコンテンツは、会員向けです。入会後閲覧が可能です。

既存ユーザのログイン