日本バングラデシュ協会の皆様へ

写真については、メール本文がテキスト形式のため本文中に表示されません。
添付のPDFで、本文と写真をご覧いただくことができます。

■目次
1)『日バ協会メルマガ59号会長メッセージ
―第6回社員総会と懇親会、特にベンガル語科学生との交流―』
会長 堀口松城
2)企業便り『病院建築への想い、憧れの建築との出会い』
伊藤喜三郎研究所  取締役常務執行役員国際事業部長 鈴木光一
3)会員便り 『教育によるバングラデシュ農村の変化(連載その1)
-教育に対する農民の意識変化- 』
広島大学教育開発国際協力研究センター 副センター長・准教授 日下部達哉
4)『 地方から見たバングラデシュの思い出』( 連載その4 )
監事 伊藤隆史
5)イベント、講演会の案内
6)『事務連絡』

■1)『日バ協会メルマガ59号会長メッセージ
―第6回社員総会と懇親会、特にベンガル語科学生との交流―』
会長 堀口松城

1.去る6月8日開催された日バ協会第6回社員総会では、過去5年間の成果及び改
善点に関する報告と、6年目以降の活動の方向及び具体的方針について、前回のメル
マガ58号でお伝えしたラインで議論が行われました。これらは今後の活動に活かし
ていく所存です。

2.社員総会後の懇親会では、日バ協会会長挨拶の後、ファティマ・バングラデ
シュ大使および水谷在名古屋バングラデシュ名誉総領事のご挨拶と、次いで、外務
省の吉武南西アジア課長、経産省の三宅南アジア室長からそれぞれ、最近のバング
ラデシュ経済及び日バ関係の目覚ましい発展につき興味深いお話しがありました。

3.次に、東京外国語大学ベンガル語科の二年生4名と、一年生12名によるタゴ
ール・ソング3曲のベンガル語の合唱が披露されました。披露された曲の日本語名
は「新たなる喜びに目醒めよ」、「光よ、私の光、世界を満たす光、心を和らげる
光よ」そして「花から花へ そよ風の吹く安らぎ、切ないほどに」の3曲でした。

12名の一年生は4月に入学して未だ2カ月という短期間に、この日に備えて一生
懸命練習した由で、これらのタゴール・ソングを聞いて「若い時にベンガル語を勉
強しておけばよかった、せめてタゴール・ソングだけでももう少し勉強しておけば
よかった」と思ったのは私一人ではなかったと思われます。

4.このパフォーマンスが終わってから、会場の各所でこれら学生と多くの会員
の間で賑やかな会話に花が咲いていました。例えば、これ迄ベンガル語科は女子学
生が圧倒的に多かったそうですが、今年は1年生12名のうち7名が男子学生である由
で、それは最近のバングラデシュ経済の急速な発展を見て、多数の男子学生がベン
ガル語科に入学してきた結果の由です。懇親会後、バングラデシュに関心を持つ多
くの会員がベンガル語専攻の学生たちとの交流を評 価していました。

5.この懇親会が終わって数日後、2年生の女子学生から学生達を代表して礼状を頂
きました。その礼状には、「私たちは 、日本でもベンガル語とバングラデシュにつ
いて学んでいる数少ない若者であるので、今後は私たちが中心となってバングラデ
シュ国民との交流を盛んに行っていきたいと思います。日本とバングラデシュの友
好関係が続くように微力ながらも努力していきますので、これからもよろしくお願
いいたします。」と書かれていました。

6.この礼状は日バ協会にとって、大変勇気づけられるものでした。それは、つい
先月初め、日バ協会会長から東京外国語大学のこれ迄2期の卒業生に、ベンガル語科
の先生を通じ以下のメールをお送りしたからです。
「日バ協会の発展のためには、日バ関係のさらなる、新たな発展に関心を抱く若
い新規会員を増やし、日バ両国民相互の親善、相互理 解を一層広め、深めていく
必要があります。そのためには、皆様の ように若くて感受性に富み、日本の最高
学府でバングラデシュの言 葉や文化その他諸分野を学ばれた方々の知恵及び助言
さらに感性が 大いに求められるところです。
そこで日バ協会としましては、上記共通の目標を皆様と一緒に達成すべく、皆
様の目から見た日バ両国の比較、感想などの「個人便り」への投稿や、日バ協会を
より面白く、より有意義なものにしていくためのアイデア等についてのご意見を頂
きたいと願っています。(中略)ついては皆様の、積極的な参加をお待ちしていま
す。」
ベンガル語科の卒業生が参加してくれる前に、先ず、上記の様な具体的熱意を持ち
、卒業生よりも比較的時間もある在校生の皆さんとの具体的プロジェクトを、来年
の懇親会までに始めたいものです。

このコンテンツは、会員向けです。入会後閲覧が可能です。

既存ユーザのログイン