日本バングラデシュ協会に参加の皆様へ

10月28日(金)に第16回講演会が開かれました。

講 演 会 : 農村部にも広がる「生活習慣病」:NGOの役割・企業への期待

20161028講演会_2


(講演内容)

20161028講演会_1
「昔、人は食べるものがなくて死んでいった。今、人は食べて死んでいく」
こんなベンガル語をよく聞くようになりました。

45年前の独立当時、バングラデシュ人々の健康を最も脅かしていたものは、飢餓、感染症、出産にかかわる死でした。 その後、米の増産、公衆衛生の改善、母子保健や感染症対策などにおいて著しい成果をあげ、人が生きるための基盤づくりを順調に進めた国としてバングラデシュは高く評価されています。

他方で、癌、糖尿病、高血圧、慢性呼吸器疾患など、生活習慣や環境汚染に起因する病気による健康被害が深刻化しています。これを「国が豊かになった証拠」「経済成長、高齢化、都市化の副産物」と考える方も多いでしょう。 これらの病気が、貧困層、若年層、農村地帯にも広がっている事実は、現地関係者の間でもあまり知られていません。

一人ひとりのライフスタイルは、国の未来の形を変えるほど重要なテーマ。
バングラデシュの未来をより良いものにする為に、今バングラデシュには何が必要か?
NGOや国際パートナーが持つべき視点、果たすべき役割は?
企業に向けられた期待は?
など、現地で出会った女性たちの事例を中心にお話ししていきます。

講 演 者 : 石山 民子 ( いしやま たみこ )  協会会員(前理事)

資料1:農村部にも広がる「生活習慣病」:NGOの役割・企業への期待1
農村部にも広がる「生活習慣病」:NGOの役割・企業への期待2
資料2:農村部にも広がる「生活習慣病」ケーススタディ